情報サービス

ドキュメントソリューション 導入事例

図面管理システム ~YKK AP株式会社 岡山工場 様 導入事例~

導入の背景

工場内のIT環境は、生産管理システムを導入し一人一台のパソコンを割り当てられ整っています。しかし、工場内の図面に関してはいまだ原本もしくはそのコピーを運用・保管しています。その運用・保管に際し様々な弊害を伴っています。生産管理システムを整備した後、次のステップはいまだアナログ運用を行っている図面をどうIT化させるかが課題です。

導入前の課題

問題点1 保管場所が必要
大量の図面を物件や製造番号別に管理する為に、専用の場所と棚を用意しなければいけません。また、図面の棚卸し作業も必要で、その為の人員も用意しなければいけません。
問題点2 図面が重い
図面の持ち運びにおいて図面が重く、作業員が腰を痛めることもあります。
問題点3 図面探しに時間がかかる
イレギュラーの問い合わせが多く、その度に図面を探しに行かなければならず、探しに行く時間が掛かっています。

導入後の改善点

図面管理システム導入後の改善点
検索性 文書名・キーワードにより即時に目的の図面を探し出せます。
共有性 目的の図面を「複数人で」「同時に」「机上で」利用でき、環境によっては他事業所でも使用できます。
セキュリティ 目的の図面を「適切な管理の下」で利用することが出来「原本は別途保管」できます。

導入効果

効果1 保管場所が不要
大量の図面を全て電子化し保存することで、図面の保存スペースが不要になりました。また、セキュアなサーバーに保存することでセキュリティも向上しました。
効果2 作業者の移動が不要
イレギュラーの対応に対する図面の検索・対応処理における全ての作業が自分のパソコン上で行え、作業者の移動が不要になりました。
効果3 素早い検索性
図面を電子化する際に、検索インデックスを付与することで即時の検索を可能にしました。また、同じ図面を複数人で利用することも可能になりました。

ページの先頭へ戻る